トピックス

症例紹介

6才から通院しているお子さん

写真左:小学2年生
写真右:小学6年生(現在)

この患者さんは、6才から当院に通院してくださっている方です。乳歯の虫歯の治療を行い、小学校に入学後もメインテナンスで通院していただきました。 左写真がメインテナンスに入って1年目、右写真が5年経過の現在です。
メインテナンス開始時に、前歯の歯ぐき付近に、白く濁った初期むし歯(青丸印)が数本ありましたが、しっかりとホームケアをしてもらいながら、メインテナンスを続けた結果、きれいな歯と歯ぐきになりました。

メインテナンスで来院していただいた5年間の変化です。どうぞご覧下さい。

写真左:小学3年生
写真右:染め出した状態

初期むし歯の状態を、お母様と本人に説明し、ブラッシングの大切さとフッ素の使用が必要であることを伝え、協力をしていただきながら、メインテナンスも3ヶ月に1回、欠かさず続けてきました。写真は2年経過したところです。
フッ素の効果で初期むし歯に再石灰化が現れ、白く濁っていた部分が薄くなってきました。むし歯が元に戻り始めている現象です。
磨き残しを染め出して、ブラッシングの苦手な部分を見てもらい、ホームケアのポイントを説明いたしました。

写真左:小学4年生
写真右:染め出した状態

メインテナンスを続け3年目の写真です。
初期むし歯はさらに再石灰化が進み、白く濁った部分はなくなりました。
磨き残しも3年生の時よりも、少なくなりました。永久歯がどんどん出てきて、ブラッシングしにくい歯並びですが、ホームケアを一生懸命頑張ってくれている結果だと思います。
上の前歯にあった隙間(青矢印 正中離開といいます)も自然と閉じてきて、きれいな歯並びになりました。

写真左:小学6年生
写真右:染め出した状態

メインテナンス5年目の現在の状態です。
乳歯が抜け全て永久歯になりました。むし歯は1本もなく、きれいな歯並びになりました。歯肉炎もありません。磨き残しもほとんどない状態です。
うれしいことは、お母さん以上に本人が予防の自覚をしっかり持って、ホームケアを頑張っていてくれることです。これからもメインテナンスに来てくれることでしょう。
そして、予防することの大切さを知る大人になって、次の世代のお子さんにも伝えてくれると信じています。

ページトップへ