2011年7月アーカイブ

神谷さんの送別会を7月27日に行いました。

スタッフからはもちろん患者さんからの信頼も厚く、頼れる存在でした。

退職されてから少し経ちますが、8年間ずっと当医院に勤めて頂いていた

神谷さんが居ないとなんだか心にぽっかり穴が開いたような感じです...。

寂しいですが、神谷さんが安心して赤ちゃんを出産できるよう

スタッフ一同協力して頑張っていきます☆

 

       神谷さん②   神谷さん①

              神谷さん③    

30日の朝に発生した震度5強の地震。本当に怖かったです。

みなさん大丈夫でしたでしょうか?

前日から震度1~3の揺れがあり、大きな地震の心配をしていた朝の出来事でした。

休診日で人間ドックを予約していたため、自宅でその準備をしている時で、今まで経験したこともない

強い揺れが10秒くらい続いた気がします。

家の中はめちゃくちゃで、テレビが転倒し液晶が壊れ、玄関ホールの時計も大きく破損。

ブロック塀は崩れ、子供部屋もご覧のような状態になりました。DSC_0029.JPG

DSC_0033.JPGのサムネール画像

 

慌てて、医院の中を見に行くと、1階の診療スペースには大きな被害はなかったのですが、

スタッフステーションの棚はご覧の状況でした。

 

DSC_0031.JPG 

2階の被害はもっと酷く、カルテ室の1万冊近くのカルテが全部落下し、照明器具の落下、

空調の破損、至る所の壁には、亀裂が生じていました。

 

CIMG1119.JPGのサムネール画像

 

院長室もご覧の通りで、本棚が倒れ足の踏み場もない状況でした。

CIMG1117.JPGのサムネール画像

 

 

 地震直後の院長室

 

                       片づけ後の院長室CIMG1141.JPG

本当に地震の怖さを知らされました。

 

午後になりスタッフがお休みの中、医院を心配し駆けつけて来てくれました。

何も連絡をしたわけでもなく集まって来て、片づけを率先してしてくれたスタッフに、本当に感謝の気持ちで一杯です。

被害の大きさに落胆していた自分を、スタッフが勇気づけてくれました。

その元気を貰い、その日のうちに、なんとか院長室は片づけを終了することができました。

 

金曜日の朝7時30分にはスタッフ全員が集合し、カルテや散乱した模型などの片づけを行い、

昨日でカルテの戻しも終了しました。

至る所、壁の亀裂がまだ残りますが、診療に支障がなかったことは幸いです。

東北の方々のことを思えば、軽い被害です。

スタッフの団結力も増したと思います。

これから益々、元気を出して診療に当たっていきたいと思います。

 

 

被害状況   ・デジタルレントゲン用モニター 破損

         ・レントゲン(CT装置) 回転不能

         ・照明器具 落下

         ・空調設備 破損

         ・床タイル 破損

         ・外壁 破損

         ・コンピューター 1台 破損

         ・壁 クロス 5部屋  亀裂

         ・エレベーター 緊急停止

 

CIMG1135.JPG 

 

CIMG1129.JPG 

 

 

 

 

 

 

DSC_0032.JPG

 

DSC_0028.JPG 

 

CIMG1143.JPG 

 

 

 

 

6月に2回、開明小の歯科検診いってきました。

今回は5年生と2年生を対象にブラッシング指導と検診を行いました。

5年生は磨きにくい右下の奥歯の内側、2年生は下の前歯の磨き残しが分かるよう

赤く染め写真を撮り実際見てもらいました。

赤く染まった自分の歯の写真を見て、驚いている子や興味深々で画面を食い入る様に見ている子

がいました。

まだ2年生は歯ブラシの毛先が当たらず苦戦している子も多いですが、少しづつ上手に磨けるようになるといいね。

秋の検診も楽しみです♪

      検診②

 

        検診③                検診①